進研ゼミの小学生講座とは・・・

【 「進研ゼミの小学生講座とは・・・」 】
進研ゼミ小学生講座とは・・・】

進研ゼミ(しんけんゼミ)とは・・・
ベネッセコーポレーション(昔は福武書店といっていましたね!)が行っている小学生・中学生・高校生向けの添削式の通信教育です。

1969年、高校生向けの通信教育講座である「通信教育セミナ」が開講して、小学生向けに「進研ゼミ小学講座」が生まれたのは1980年でした。「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす、自立型の教材として親しまれています。

2006年4月現在では、国内はもちろんのこと、海外も合わせて161万人もの小学生が利用しているそうです。このことは小学生の約5人に一人という割合に相当するらしいのです。世間には多種多様な添削指導、塾、個別指導、公文式などの学習方法がありますが、5人にひとりの割合に相当するというのは、注目に値するものすごい数字です。

それだけ、世間の注目度が高くて、評判がいい、ということにもつながると思います。塾に行くよりも、自宅での添削指導、あるいは通塾していても受講している生徒もいるようですが・・

自宅での添削指導ということは、毎日机に向かう時間をつくるわけで、机に向かうことを、習慣づけるのにはとてもいい勉強方法です。

進研ゼミというと、すこし堅い印象を受けてしまいますが、子供たちには「赤ペン先生」の愛称で親しまれているようです。




■2ヶ月後から月5万円のほったらかし収入!?
成功者続出の秘密とは・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。